じゅうたんクリーニング・寝具乾燥・布団丸洗い専門店|京阪キングドライ

京阪キングドライ

0756723588

営業時間: 9:00~18:00 (月~土・祝日)

定休日 : 日曜日

クリーニングの豆知識


ダニとは?

ダニは「節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目」に属する『動物』の総称で、その種類は多く世界中で5万種とも言われています。
家庭に生息するには大体20種程と言われ、「ヤケヒョウヒダニ」や「コナヒョウヒダニ」などはどの家庭にも100%いるというのが定説です。

ダニの影響

さて、ダニといいますと「目に見えず無数に存在する気味の悪いヤツ」という心理も手伝って、「害虫だ!」と皆さん共通の認識をお持ちだと思います。
実際のところ、直接ヒトの血液や体液を吸う「ミナミツメダニ」や「ツツガムシ」は厄介といえば確かにそうですが、ダニの死骸やフン・脱皮殻などの微粉末を吸い込み、 それが元で『アトピー性皮膚炎・アレルギー性喘息・鼻炎・粘膜炎・その他』を引き起こす事の方が、深刻なところです。

ダニの繁殖条件

ダニの繁殖・活動に最も適する条件は、『温度にして20℃~30℃ 湿度は60%~80%』と言われています。 これはヒトが「快適な暮らし」を実現させると、ダニにとっても生活環境が良くなってしまうという皮肉な条件です。

ダニの繁殖条件

ダニの多い場所は、じゅうたんや畳、布製ソファー、布団などの寝具類、衣類、ぬいぐるみなどです。

【一立方メートル当りのチリダニ数と糞アレルゲン量】

場所 ダニの数 糞アレルゲン量
畳表面 約100匹 100ng
じゅうたん表面 約250匹 500ng
布団表面 約100匹 400ng
板床表面 約10匹 10ng以下

畳とじゅうたんはチリダニ数の多い場所で糞アレルゲン量との相関関係が高くなるのは納得できますが、 布団は畳表面と同じダニ数なのにじゅうたん並の糞アレルゲン量です。 これは、粉々になった糞アレルゲンが生地を通過しやすいからです。

3つの好条件

◆温多湿の環境があること
温度20~30度、湿度60~80%の生活環境がダニとって望ましい環境です。 しかし、生息や繁殖ができる環境はもっと広く、温度10~35度、湿度50~90%です。
◆エサがあること
住まいのダニは室内の塵(ハウスダスト)を食べています。塵はフケ、アカ、花粉などいろいろな成分からできています。 ダニは種類によって好みが異なりますがフケ、アカ、カビを好んで食べるチリダニが室内に最も多くいます。
◆潜れる場所があること
室内のダニは背光性のダニがほとんどで、光に背を向けて逃げます。 日光や電灯の光のあたらない場所で、掃除機等で除去されにくい場所がダニの繁殖場所です。 ダニの多い場所はじゅうたん、布製ソファー、布団などの寝具です。

対処法は?

布団に多く潜むチリダニは人を刺すダニ類と異なり、殺しただけでは解決になりません。 生きたダニだけではなく死骸や糞もアレルゲンになるからです。 ダニを防ぐという観点からは、天日干しや乾燥機による乾燥だけでも目的を達することはできますが、 布団の場合に問題となるのはダニアレルゲンなので、乾燥だけでは逆効果になりかねないこともあります。 ダニの糞などのアレルゲンが乾燥して、より細かくなるからです。 死骸や糞を掃除機で吸い取るのも一つの方法ですが、どれだけ丁寧に時間をかけても50%が限界です。 やはり丸洗いするのが最善と言えます。

ご自宅まで集配致します!!
0756723588
集配ルートはコチラ
ご自宅まで集配致します!!
集配ルートはコチラ
0756723588

ページトップへ戻る